横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

EU法

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

 

先日ドイツから輸入した商品が仕様違いで交換を申し入れていますが応じてもらえそうにありません。到着時、破損もあり保険付きで発注したにも拘わらず保険を掛けていなかったり、仕様違いの商品を送ってきて不誠実な対応をされているのでカチンと来ています。損害は10万円程度なので泣き寝入りでも仕方ないかなと思いますが、弁護士にお願いするとかえって高いものになりますか?

発注書、現品も揃っていますのでこちらが正当であることは間違いありません。

相手方はドイツの会社なのでしょうか?
日本法人があるような場合ならともかく、ドイツの会社を相手に法的手段を取ることは困難だと思います。
日本の輸入会社が相手ならば、弁護した交渉することで、何とかなるかもしれません。ただ、その場合でも、10万円以上の弁護士費用がかかる可能性も高いと思います。
信用できない相手方に対しては、ビジネス上対応する(取引をやめるなど)することが一番だとは思います。(そんなことは100も承知で、ご相談してきたのでしょうけれど。)
以上ご参考まで。
 

ドイツの会社と取引をしようと考えています。この場合、その企業との契約は、EU法に則って行われることになるのでしょうか。

契約等は、基本的にそれぞれの国の法律で規定されます。したがって、ドイツの企業と契約するには、まずはドイツ法が問題となります。

 

それでは、契約を締結する場合には、EU法というのは考えなくても良いのでしょうか。

契約の内容によっては、EUの法律が直接関係することがあります。たとえば、自由な取引を制限するような内容の契約の場合、EUの独禁法が直接適用されることもありえます。

 

独禁法については、アメリカの法律が一番厳しいと聞いているので、アメリカの弁護士にみてもらった内容で、契約書規定した。これならば、EUの独禁法についても、問題は生じないのではないでしょうか。

必ずしもアメリカの独禁法が一番厳しいわけではありません。ある点では、UEの法律のほうが厳しいこともあります。

その意味で、米国法上問題ないからというだけでは、まだ十分とはいえません。
 

欧州の会社と契約するときには、必ずEU法などに詳しい弁護士が必要でしょうか。

その方が望ましいことは間違いありません。しかし、費用対効果の問題を考えたときには、単純な売買契約等、そこまですることが常に必要であるかは、難しいものがあります。

 

例えばドイツの会社と契約するときには、契約書はドイツ語を使用することになるのでしょうか。

必ずしもそういうことはありません。実際、多くの欧州各国で、英文の契約の方が、国際契約の主流となってきています。

 

契約書において、日本の法律が適用されることと、紛争が生じた場合は日本で裁判をする旨定めておいた。この場合は、紛争が起こったとしても、心配なないのでしょうか。

その方が安心できることは間違いないでしょう。しかし、たとえ日本で勝訴したとしても、場合によっては、欧州の当該国で執行することが必要になることもありえます。

その意味からすると、紛争が生じたときに、まず自分の方が利益を確保できているような仕組みを、まず考えておくことが、ここの契約文言よりも重要となります。
 

紛争は、第三国での仲裁で解決する旨の規定が、契約書におかれてた。このような規定は、日本企業にとっても望ましいものなのでしょうか。

 

公平な第三国で確認してもらうことは、間違いなく望ましいことです。しかし、そのような国で仲裁をすること自体大きな負担になることもあります。出来れば、日本での仲裁や裁判とした方が良いことは間違いありません。


 

国際法務に関する他の記事はこちら

国際法務

英文契約

米国法

中国法

EU法

Page for a Foreign Company in Japan


 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら