横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

内容証明郵便

 
内容証明郵便を効果的に使えば、裁判を起こさずに売掛金を回収出来る場合があります。
 
1. 内容証明郵便は、①この日に、②この内容の書面が、③この人か送られて、④この人に届いたことを、郵便局が証明する郵便です。
 
2. 内容証明郵便は通常、後々裁判になった際に証拠として使うために利用されます。特に、弁護士名義の内容証明郵便である場合、「裁判を起こす準備と覚悟がある」というメッセージを相手に伝えることができます。
 
3. そのため、内容証明郵便を送られた相手は、大きなプレッシャーを受け、勝ち目がないと観念し、要求に応じてくる場合があります。
 
4. 実際、数百万円の売掛金を長期間滞納していて、何度請求書を送っても梨の礫だった取引先が、弁護士名義の内容証明郵便を送った途端、売掛金を全額払ってきた事案がありました。
 
5. 内容証明郵便を効果的に使うことで、訴訟による費用・手間・時間をかけずに、紛争解決が期待できます。


 

企業の債権回収に関する他の記事はこちら

企業の債権回収 内容証明郵便 督促手続
訴訟 強制執行 貸金債権
売掛金債権 損害賠償債権  

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら