横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

損害賠償債権 Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

どのような場合に、損害賠償が認められるのでしょうか。

まず、契約違反によって、契約相手から損害を受けた場合には、損害賠償の請求が認められます。 例えば、購入した部品が不良品だったために、機械が壊れてしまったような場合には、 機械を修理したり買い換えたりするお金を、損害賠償として請求できます。
次に、誰かの不法行為によって、損害を受けたような場合も、損害賠償が認められます。

損害賠償債権と貸金債権などとで、何か違いがあるのでしょうか。

債権という意味では、両者とも同じです。 しかし、貸金債権の場合は、債権の損害と金額が比較的明らかなのに対して、損害賠償の場合は、特に金額がいくらになるのかなど、 明確にするのが比較的難しいものと思われます。

5年ほど前に、殴られて大怪我をしました。殴った人間から、今から損害賠償金を取れるのでしょうか。

不法行為による損害賠償は、損害や加害者を知ったときから3年で時効になります。 したがって、通常は5年経過したら、賠償金を取るのは困難でしょう。 しかし、最近になって犯人が誰だか分かったような場合は、損害賠償を請求することも可能です。


 

企業の債権回収に関する他の記事はこちら

企業の債権回収 内容証明郵便 督促手続
訴訟 強制執行 貸金債権
売掛金債権 損害賠償債権  

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら