横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

未払い残業代 Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

仕事が遅い社員がいます。これまでは残業して何とか終わらせていたので、他の社員と同じような待遇してきました。 そのような社員に、残業代を払う必要があるのでしょうか。他の、仕事が出来る社員と不公平になると思います。

確かにおかしな気はします。しかし、法律上は、残業をした場合には残業代を支払わなくてはいけません。 仕事ができる人については基本給を高く設定するなどの方法を考えるしかありません。

未払い残業代ということで、請求された場合、具体的にどうすればよいのでしょうか。

本当に残業を行っていたのかという、事実関係を明確にする必要があります。さらに、給与の中に、一定時間の残業代も含まれているとえるのか、 確認することも必要です。 どちらにしても、本当に未払いの残業代があるのならば、支払わないわけには、いきません。

単に遅くまで会社に残っている社員がいます。そのようなものにまで、残業代を支払う必要があるのでしょうか。

残業代は、仕事に対して払うものです。単に会社に居るだけのものには支払う必要はありません。 しかし、会社にいた人が、本当に仕事をしていたのかどうか、後から認定することは非常に困難です。 その意味で、会社に残っていた従業員については、残業をしていたと認定される場合が通常だと思われます。 今後は、従業員の管理をしっかりと行い、仕事がないものが会社に残ることのないようにしていく必要があります。

未払い残業代問題を起こさないためには、どの様な点に注意すればよいのでしょうか。

従業員の働きをしっかりと把握する仕組みを作ることが何よりも大切だと思います。 本当に残業している従業員には、残業代を支払わなくてはいけません。一方、仕事をしていない従業員は、 残業をしているとの誤解が生じないように、帰宅させることも考えるべきです。

特に当社としては、残業を命じたことはありません。社員が勝手に残って仕事をしているだけです。 それなのに、残業代を支払う必要があるのでしょうか。

社員が仕事をしている以上、勝手にしているに過ぎないという話しは通用しません。残業代を支払う必要はあります。 本当に必要な仕事ならば、明確に業務命令を出して残業をさせる、一方必要がない仕事ならば、残業自体しないように徹底することが必要になってきます。

当社では、残業代相当分の手当てを支払っています。その場合でも、未払い残業代問題は生じるのでしょうか。

残業手当ての金額が、現実に行っている残業時間相当分の残業代よりも高額な場合は、問題は生じません。 一方、それに満たない場合は、やはり残業代を支払う必要があります。 どちらにしましても、現実の残業時間を把握する必要がありますので、会社としての残業管理の必要性は同じです。

給料を大幅に下げる一方、残業代を全額出すような仕組みに改めることを考えています。何か問題はあるでしょうか。

給料を下げて(最低賃金以上とすることは当然ですが)、あとは残業代にするということで、たしかに未払い残業代の問題を解決することはできます。 しかし、いくら残業代を支払っても、あまりに長時間の残業時間自体問題となりえます。 さらに、給料を下げるときに、従業員の同意を取るのが大変だという問題もあります。 しかし、未払い残業代の請求が盛んに行われるようになれば、会社としては、基本的にこの方向で考えざるを得なくなるかもしれません。
 

未払い残業代と、2年以上に渡る残業(45~120時間)のせいで、うつ病を発症したと損害賠償請求をされています。 残業代は支払うとして、慰謝料まで支払う義務はありますか?ご回答よろしくお願いします。

残業代の問題と、過労によるうつ病発症の問題は分けて考える必要があります。 うつ病にかかったのが、会社の健康管理等の問題であるのならば、損害賠償が認められることはあり得ます。 事実関係を明確にして、しっかりと対応する必要がありそうです。


 

労働問題に関する他の記事はこちら

労働問題 名ばかり管理職 Q&A 未払い残業代 Q&A
うつ休職 Q&A 整理解雇 Q&A 懲戒解雇 Q&A
労働組合 Q&A 労働審判 Q&A 労働裁判 Q&A

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら