横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

うつ休職 Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

うつ病で長期休職している従業員を、解雇することは出来ますか。

休職によって、会社に労働力を提供できないのですから、解雇することも可能です。 しかし現実には、うつになったのは会社の業務に原因があるといった主張がなされることも多く、 簡単には解雇が出来ない状況といえます。

うつ病になった原因が会社には無い場合でも、解雇は難しいのでしょうか。

確かに、休職の原因が会社にないことが明らかならば、解雇も比較的容易に出来そうです。 しかし、うつによる休職の場合も、完全に来ないのではなく、定期的に会社に顔を出すこともあります。 また、比較的軽い業務の仕事ならば対応できるという場合もありえます。 そのような場合に、簡単に解雇できるかというと、中々難しい問題が生じそうです。

うつ病で休職していた従業員が、回復したということで、復職を求めています。復職させないといけないのでしょうか。

本当に回復したのならば、復職を認めないといけません。しかし、本当は回復していないのに、 解雇を恐れてとりあえず出てきたような場合には注意が必要です。復職により、更に症状が悪化することもありえるからです。 会社指定の医師の診断書を要求するなどの対応が必要となります。

回復したので復職した従業員が、職場のせいでまたうつ病が悪化したと主張してきました。 自分で勝手に復職した場合、会社の責任が問われるようなことはあるのでしょうか。

たとえ本人が職場復帰を望んだ場合でも、会社がそれを漫然と認めた場合には、会社の責任が問われる可能性も出てきます。 その意味からも、復職が本当に可能か、会社としても真剣に検討する必要があります。

うつ病にかかったのは会社の責任だとして、労災の主張などして来る従業員がいます。 同じ仕事をしていても、他の従業員は全く問題が無い場合、会社の責任など生じる余地があるのでしょうか。

他の社員がうつ病にならないということだけを理由に、会社の責任を否定することは出来ません。 (もちろんそれも、一つの判断事由とはなります。) 会社として、社員の心身への配慮を十分にしていたのかが問われることになります。 日ごろからの配慮や、それらをしっかり行っていたことをあとから証明できるような記録が、大切になってきます。


 

労働問題に関する他の記事はこちら

労働問題 名ばかり管理職 Q&A 未払い残業代 Q&A
うつ休職 Q&A 整理解雇 Q&A 懲戒解雇 Q&A
労働組合 Q&A 労働審判 Q&A 労働裁判 Q&A

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら