横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

悪質賃借人対応 Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

ペットを禁止しているのに、無断で犬を飼っている賃借人がいることが判明しました。 賃貸借契約を解約できるのでしょうか。

賃貸借契約の場合、信頼関係を破壊したと認められる事情がないと、解約はなかなか認められません。
ペットを無断で飼うような場合には、信頼関係を破壊したと認められて、解約できる場合が多いと思われます。
ただ、無断でペットを飼っていたとしても、近隣の住人にも迷惑をかけていないし、 住居が特に痛んだりもしない場合には、必ずしも解約が認められないこともありえます。
どちらにしても、そのようことが判明したときには、すばやく止めるように申し入れることが大切です。

近いうちに建物を建てかえるので、それまでの間しか貸せないと話して、納得の上借りてもらいました。 ところが、建物を建て替えるのときになっても、出て行ってくれません。 何か対応はとれないのでしょうか。

確かに酷い賃借人ですね。 しかし、建物を建て替えるときまで貸すのだという約束を証明できないと、なかなか勝つのは難しいと思います。 貸す段階で、一定の期間のみ貸すのだということを明確にするなどの方法をとることが重要になってきます。

悪質賃借人を追い出すために、部屋の鍵を取り替えてしまおうと考えています。何か問題があるでしょうか。

いかに悪質な賃借人とはいえ、大家さんが勝手に鍵を付け替えて、追い出すことは認められていません。 このようなことをしますと、逆に不法行為ということで、賃借人側に損害賠償をすることにもなりまねません。 さらには、刑法上の責任さえ生じる恐れがあります。 やはり、法的に認められた裁判や強制執行という手段を用いて対応していくしかないと思われます。


 

賃貸借問題に関する他の記事はこちら

賃貸借問題

更新料

敷金

悪質賃借人対応

賃料取り立て

督促規制法案

裁判

調停

強制執行


 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら