横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

賃料取立て Q&A

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。

家賃の保証会社を使っています。 滞納賃借人に対して、保証会社が、かなりしつこい取立てを行っているようです。 このような場合に、大家に責任が生じるようなことはあるのでしょうか。

大家さんが、保証会社の行為をコントロールしていたり、たとえそこまで行かなくとも、 是認していたりする場合には、責任を問われる可能性も出てきます。 実際、簡易裁判所の判例ですが、大家さんに賠償責任が認められた例などもあります。
さらに、近時立法によって、取立てについても大家さんの責任を認める動きが出てきていますので、 その点からも注意が必要です。

家賃を払わない賃借人の部屋の前に、張り紙をすることは問題ないのでしょうか。

張り紙も、場合によっては違法な取立て行為とされてしまう恐れがあります。 他の住人には内容が分からないようにするとともに、文言も脅すようなものにしないなど、注意が必要です。

家賃の取立てに、弁護士を立てて訴訟を起こすのでは、費用倒れになってしまうのではないでしょうか。

確かにその可能性も否定できません。ただ、訴訟を起こすことにより、賃借人を事実上直ぐに追い出すことなども期待できます。 とりあえず、アクションを起こさないと何も始まらないともいえるのです。


 

賃貸借問題に関する他の記事はこちら

賃貸借問題

更新料

敷金

悪質賃借人対応

賃料取り立て

督促規制法案

裁判

調停

強制執行


 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら