横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

セミナー案内

「労務管理セミナー」(合同セミナー)

日時:平成27年12月21日(月) 午後14時 ~ 17時(13時30分開場)

場所:アクサ生命保険株式会社神奈川FA支社 会議室
    
〒231-0005 横浜市中区本町3-30-7横浜平和ビル7F
     TEL.045-662-0775 FAX.045-650-8252
      JR関内駅(北口)より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・徒歩 約7分
      地下鉄みなとみらい線馬車道駅出口より・・・徒歩  約3分
      地下鉄関内駅(3番出口)より・・・・・・・・・・・・・徒歩 約5分
      桜木町駅より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・徒歩 約12分
      本町4丁目バス停より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・徒歩 0分

 

定員:20名
定員になり次第締め切らせていただきますので、お早目のお申し込みをお願いします。)

参加料:3000円 (顧問先企業様は無料)

セミナーコンセプト:

近年、労働基準監督署による定期監督に加えて臨検が増えています。また、労働基準監督署以外にも、合同労組や弁護士からの未払い賃金請求案件も枚挙にいとまがない状況です。
労務問題に関する事案が起きてから対処しようとすると、多大な時間と大きな費用が必要となります。そのような事態に陥る前に、御社の労務管理内容を改めて見直されてみてはいかがでしょうか?
 

セミナー内容

第一部 社労士 城敏徳先生(みらい社労士法人代表)
『労働基準監督署の臨検を満足させる自信はありますか?』
 
今回のセミナーでは労働基準監督署による臨検のポイント、労務問題で起きやすい事案を知ることで、労務問題に強い労務管理体制の構築方法を理解していただきます。
1.労働基準監督署による臨検
  捜査の端緒、是正勧告ワースト10、サービス残業のパターン
2.労務問題に強い就業規則の作成ポイント
  就業規則の作成から損害賠償について
3.使用者責任についてのいろいろ
  通勤災害、過重労働、メンタルヘルス
 
 
第二部 弁護士 大山 滋郎(弁護士法人横浜パートナー法律事務所) 
『従業員が未払い残業代を請求してきたら』
 
最近、「貰っていなかった残業代を支払え」と請求されたという相談が非常に増えています。残業代請求というのは、組合・労働者側弁護士にとってのドル箱案件。どんな会社に対しても、やろうと思えばできてしまうことが多いのです。会社からしてみれば「従業員を集めるため、無理にでも給料を支払ってきたのに・・・。これでは飼い犬に手を噛まれたのと同じだ」と思ってしまいますよね。しかし、あらかじめ労働基準法の基本を押さえていなければ、きちんとした反論ができないのも事実です。本セミナーでは残業代の基本の「き」と、紛争を避けるためにはどのような予防をするのが良いかをお教えします!
1.現在の未払い残業代問題の状況と労働者側がとる方法
2.労働基準法の基本の「き」
(1)労働時間と、変形労働時間制などのオプション制度
(2)残業と割増賃金のお話
(3)残業代を減らすには、どうすれば良いのでしょうか
 

今後のセミナー予定

 

2015年5月
クレーマー対策セミナー
2015年7月
契約書の落とし穴セミナー
2015年9月 「争続」を避けるためのセミナー
2015年11月 労働組合対策セミナー
2016年1月 契約の落とし穴セミナー(2)
2016年3月 就業規則と問題社員対策セミナー

 

詳細は追ってお知らせいたします。

宜しくお願い致します。

 

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら