横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

贋金つくり(2) 


今回は、企業が合法的に作る「贋金」と、その問題点についてということですね。

まずは、贋金といいますと、最近流行の電子マネーなんかが思い浮かびます。電子マネー自体が、法的に問題があるとはいえませんが、使い方によっては非常に大きな問題が生じます。

たとえば、少し前に世間を騒がせたL&Gの「円天」なんていうのは、そのものずばりの「贋金」でしょう。会員のお金を吸い上げて、「円天」という贋金と交換する。ところが、円天は使い物にならないわけですから、まさに詐欺といってよい事案だと思います。これなど、もし会社から顧問弁護士として相談を受けたら、「これは駄目です」といった自信があります。

しかし、企業の作る「贋金」の中には、私が相談を受けていても、「これは大丈夫でしょう」なんていってしまいそうなものがあるので、怖いのです。

企業の作る「贋金」の王様といえば、なんと言っても株式です。特に、株式上場は、現代の錬金術とまで言われているようです。株式が「贋金」といいますと、やはり思い浮かべるのはライブドアの件ですね。特に私が感心したのは、株式分割を用いた「贋金つくり」です。

それまで1株だったものを50株位に分割します。普通に考えれば、1つの株を50に分けただけですから、1つあたりの価値は50分の1に下がるはずです。ところが、なぜかそうはならないんですね。例えば株価が10分の1までしか下がらないと、分割しただけで株の価値が5倍になります。まさに、「贋金つくり」の王道じゃないでしょうか。

話は変わりますが、「ポケットの中には ビスケットが1つ ポケットをたたくとビスケットは2つ」「たたいてみるたびビスケットは増える」「そんな不思議なポケットが欲しい」なんて歌がありますよね。私は幼稚園児の頃、そのポケットではなく、この歌の方が不思議でならなかったんです。

私の考えでは、ビスケットの入ったポケットを叩けば、ビスケットは割れて2つになります。叩くたびに割れて数は増えるでしょうが、ビスケット自体は増えません。だから、そんなポケットを不思議がる人の方がおかしい、と考えていたわけですね。

えーと、つまり何が言いたいかといいますと、私は幼稚園児のころから、株式分割による贋金作りの欺瞞性に気が付いていた、ということなんであります。(しら~)
下らないことを書いているうちに、今回も終わってしまいました。贋金つくりについては、更に次回に続けたいと思います。


弁護士より一言


ニュースレターも回を重ねてきましたので、皆様から多くのコメントを頂くようになりました。せっかくですから、いくつかご紹介したいと思います。

まずは、「毎回、深い学識と豊かな経験に裏打ちされ、しかもユーモアとウイットあふれるお話しで、とてもとても楽しみです。ニュースレター発行の前の晩は、あんまり楽しみで、夜中に一睡も出来ません。」なんてコメントは有りませんでした。(無いんだったら、ながながと書くなよ!)

私の減量については、共感のコメントを何人もの方から頂きました。苦しんでいるのは、私だけではなかったようです。
斎藤一人先生については、私のほかにもファンの方が大勢いらっしゃることが分かりました。

なんと言っても嬉しいのは、「読んでいて思わず笑ってしまいました。」なんてコメントですね。笑ってもらって喜ぶなんて、駆け出しのお笑い芸人みたいですが、楽しんでもらえていると思うと、やる気が沸いてきます。

何人かの方から、このニュースレターを、他の人に転送してもよいのかとの質問がありました。もちろん、一向に構いません。ニュースレターを月に2回書くのは、結構大変なだけに、読者が増えると思うと嬉しくなりますね。

励みになりますので、引き続きコメントや質問等頂けましたら幸いです。
(2009年5月16日 第5号)

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら