横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

エスキモーの個人情報(3) 


チケット販売会社から、自分のチームのチケットを買ったお客様の情報を貰うことは、今の日本では許されるだろうかということで、前回は終わりました。わざわざもったいぶって質問するほどのことはなくて、これは許されないということですね。

現在日本では、個人情報保護法だなんて法律が出来ていて、お客様から個人情報を貰う場合には、予め使用方法や開示先などについても同意をとっておく必要があります。同意が無い以上、勝手に情報を渡したら、違法になります。

確かに、個人情報の悪用ということがありますから、何らかの規制が必要なのは理解できます。しかし、個人情報の利用について、このような強い規制をすることは、果たしてどうなのだろうかという疑問は、持っています。

私など、客の立場としては、たとえ商売でも、「これを買うのを忘れていませんか。」と聞いてもらえると、とても親切だなという気がするんですね。現在の不況下の日本で、適切な顧客名簿に対して、適切な商品をダイレクトメールなどで売り込むことによって、大きく消費を刺激できると思われます。今の法律はそのための手段を奪ってしまったのではないかという気がするのです。

顧客名簿が漏れた場合、大きなニュースになりますが、それによって実際に生じた損害というのは、本当にしょぼいなあというのが実感です。漏洩事件のニュースで、アナウンサーが深刻な顔をして、「漏洩した個人情報のせいで、夜中に商品勧誘の電話がかかってきて眠れなかったという深刻な被害が生じています。」なんて話すのを聞くと、その程度のことを大層に言わなくても、と思ってしまうのですね。

星新一のショートショートにこんな話しがありました。(記憶で書いているので、少し違うかもしれませんが。)未来の世界で、スクラップとして捨てられた、ロボット達の話しです。

これらのロボットは、人間の召使として働いて、ご主人である人間の「個人情報」を知っているため、他の人間に情報が漏れることを恐れて処分されたわけです。ロボット同士で、かつての主人について話しをします。すると、どの人間も、ある程度ずるくて、ある程度優しくて、みんな同じような人たちだと分かります。

「どの人も似たような人たちなのに、何だって人間は、自分のことを人に知られたくないんだろう。」とロボット達が語り合う内容だったと記憶しています。

星新一大先生の尻馬に乗るようですが、どうも私は、「個人情報」なるものは、本当にそんなに大変なものなんだろうか、という疑問を抑えがたいわけです。

と、こんなことを書いていますと、私がアドバイスをした企業の方から、いつもと言うことが違うじゃないかとお叱りがきそうです。私は個人情報について、厳しく管理した方が良いと、いつもアドバイスしているんですね。個人情報の規制がやりすぎだと思っても、法律がある以上、リスク管理という面からは、当然のことだと考えています。

個人的見解は個人的見解として、これからも個人情報保護に関して、厳しく指摘したいと思っています。
(私みたいな人間が、戦争中陰では「戦争反対」とか言いながら、大政翼賛活動など熱心に行っていたんでしょうか・・・)


弁護士より一言


夏になると、海で迷子になった子供の頃を思い出します。もう、40年以上も前の話ですが、一人ぼっちで海辺をさまよった心細さを、よく覚えています。

うちの娘達には、「5歳の頃海に行ったら、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんが迷子になったので、探してあげたんだ。」なんて適当な話しをしてきました。

少し前までは、「パパって凄い。」と感心してくれていたのですが、先日娘達が私の実家に遊びに行って、帰ってくると、「迷子になったのは、パパの方じゃない。嘘ばっかりついて。」と、ウソツキ呼ばわりされてしまいました。

少し前までは、迷子になったときの自分の不安にしか思いが至りませんでした。人の親になった今にして、私よりも、両親の方がどれほど心配し、不安な思いをしていたのかよく分かるようになりました。

引き続き励ましのコメントを、お待ちしております。
(2009年8月16日 第11号)

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら