横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

パーカー・パインの弁護士広告(2) 


前回は、パーカー・パインに学ぶ弁護士広告という、わけのわからないことで終わりました。前回も書きましたが、つい最近まで弁護士は広告自体禁止されていたんですね。電話帳広告や、ホームページの広告もダメだったわけです。

そういう中で顧客獲得をするとなりますと、なんといいましても紹介しかないわけです。紹介を受けるためには顔を売るのが一番なんですね。新人の弁護士が弁護士会の委員会などに積極的に参加するのも、他の弁護士から仕事を紹介してもらうためです。

弁護士は、年賀状を5000枚出して一人前だなんて聞いたことがあります。それだけ人脈が増えると、どこかしらから紹介が来て、仕事が回ってくるという考えです。

ちなみに、弁護士からの年賀状には、自分や家族の近況を書いてあるものが多いようです。これなんか、普通は敷居が高いと思われている弁護士に親しみをもってもらい、紹介しやすくしてもらうためだと思います。弁護士の中にも昔そういう知恵者がいて、親しみを出すための工夫をはじめたんでしょう。(そんなわけで、私もニュースレターに家族のことを書いているのです!)

ところが、弁護士からは、訳のわからない年賀状もよく来ます。特に記憶に残っているのは、ある弁護士からきた、「娘は昨年ハーバードを卒業して弁護士に、長男はソルボンヌ大学への入学がきまりました。」なんて印刷された年賀状です。読んで親しみを感じるよりも、敵意を覚えましたね。これなんか、年賀状に家族のことを書く目的が見失われた中で、形式面だけが受け継がれた結果だと思われます。(まあ、わたしだって娘がソルボンヌに入ったら、このニュースレターに書いちゃいますけど。。。)
つまるところ、少し前まで弁護士は圧倒的に人数が少なかったので、真剣に広告なんか考えなくても、仕事は幾らでも来たというのが本当のところなのです。ところがここにきて、司法試験の合格者が増えたことにより、弁護士数も急激に増えてきました。その一方、弁護士の広告も解禁されました。

その結果、多くの弁護士が広告をだすようになりました。皆さんご存じのように、債務整理の広告など、電車内に沢山貼られています。テレビやラジオでも、法律事務所の広告が流されていますね。

こういう債務整理の広告なんか、基本的にはパーカー・パイン流の広告ともいえます。「あなたは幸福ですか。もし違うなら、パーカー・パインにご相談を。」というのと、「あなたは借金で困っていますか。もしそうなら、○○○○法律事務所にご相談を。」というのは、基本的に同じ構造だと思うのです。そうだとすると、債務整理を中心にしている弁護士たちは、私なんかに言われるまでもなく、パーカー・パインの広告に学んでいたのかなという気はします。その一方、パイン氏の広告は魅力的なのに、債務整理の広告は、あんまり魅力を感じないのです。

そんなのお前の主観的な感想だろうと言われそうですが、どこからそのような違いが生じてくるのか、次回もう少しだけ考えてみたいと思います。


弁護士より一言


子供が生まれてから、うちにはサンタクロースが来るようになりました。子供たちも、毎年クリスマスを楽しみにしていたのです。
ところが昨年末、小学校3年生の長女が、真剣な顔で質問してきました。

「サンタさんって、実はパパなんだって聞いたんだけど、ホントなの?」

「さあ、なんて答えようかな。」と考えていると、2年生の次女が言いました。「そんなことないよ。だって、パパはケチだけど、サンタさんは気前よく、沢山プレゼントをくれるもん!」

その後、姉妹で協議した結果、ケチなパパがサンタさんだということは、ありえないということに決まったようです。
少しほっとしたような、でもやっぱり不満なような気がしたのでした。ううう。。。

(2010年1月16日 第21号)

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら