横浜で弁護士をお探しの方│横浜パートナー法律事務所

弁護士法人 横浜パートナー法律事務所

0120-0572-05 365日24時間受付無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 企業の方へ
  • 個人の方へ
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 予約相談
  • 採用情報

弁護士の漢字教室 

漢字と言えば、何と言っても白川 静先生ですね。
10年近く前に、96歳で亡くなった大先生です。
漢字辞典にしろ、他の辞典にしろ、多くの人が協力して作りますよね。酷いのになると、他からコピーして作ったりします。ところが白川先生は、それぞれ毛色の違う、分厚い漢字辞典を3冊作られたんですが、これを全部自分で書いて作ったというメチャクチャ凄い人です。その中では、漢字の生い立ち、その呪術的な性格などが、説明されています。
 
白川先生のお話は、内容が深すぎて私にはよく理解できないんですが、「分からなくても面白い」という、本当に凄い人なんです!(なんのこっちゃ。)
白川先生によると、多くの漢字は、「神」や「呪術」と関係があるというわけです。例えば「道」という漢字がありますよね。人が通行する「みち」です。ところが、「道」の中は「首」が入っています。これは一体何故だろうかというのが、白川先生の疑問です。
 
先生によると、道というのはまさに、「首」を手に持って「進」むことを表す字だというんですね。かつての呪術的世界では、道は外から内部に悪いものを運んでくる経路です。そのような道を進むときには、魔よけとして異民族の首を手にしてしたということです。
ほ、ホントウですか?! なんか、落語に出てくる、知ったかぶりの横町のご隠居の話しみたいにも聞こえちゃうんですが、相手が白川大先生となると、疑うこともはばかられるのです!
 
その他、例えば「取」という漢字がありますよね。この漢字は、何故か左側に「耳」が付いています。何故、「取る」ことと、「耳」とが関係あるのか、普通に考えればわかりませんよね。これについても、白川先生は、快刀乱麻を断つ解釈をしてくれます。「取」という字は、戦場で殺した相手の左耳をとったことから生じた漢字だというのです。しつこいようですが、ほ、ホントウですか?!
ということで本日は、弁護士(旧字体では辯護士)という漢字のよってたつ意味を、白川先生に教えて頂くことにしました。(く、くだらない。。。)
 
まずは「辯」ですね。外側の「辡」に挟まれて、「言」が入っている字です。「辡」ですが、「二人並んで誓約することを示す字で、原告と被告に別れて相争う意がある。」そうです。なんか、訴訟そのものじゃないですか! そして、真ん中の「言」という漢字ですが、これまた単に話すことじゃないんです。神に誓いを立てるという意味だそうです。訴訟の場で、勝つために嘘をつくなんて、とんでもないことです。
 
次は「護」の字ですね。字の右側の「蒦」は、鳥を手に取っている形だそうです。(分かったような、分からないような。。。) 鳥占いで、鳥を注視して、注意深く守護する意味で、もともとは軍事的な目的に使われた字だというんですね。そうだとすれば、弁護士も依頼者を「護」るためには、断固戦うことが必要だと、思いを新たにしたのです!
 
最後の「士」ですが、白川先生の辞典である「字統」を5回読んだんですけど、その由来については何を言っているかよく分かりませんでした。ただ、結論的には、「士」は身分としては戦士であり、氏族の有力な構成員として、支配者階級だったそうです。ところが、氏族制度の崩壊と共に、「士」は仕官を求める浪人的な意味を持ったと白川先生はおっしゃっています。弁護士特権制度の崩壊後の、弁護「士」の未来まで、漢字に暗示されていたのでしょうか?
 

弁護士より一言

一番下の息子が小学校に入って、漢字の勉強を始めたときのことです。4、5歳上のお姉ちゃん達が、漢字を教えてあげていました。「弟」という漢字をみせて、「この漢字、読めるかな? ふみ君のことをいう漢字だよ。」なんて言ってたのです。
しばらく考えてから息子は、「泣き虫?」
そんな漢字あるかいな! でも、息子も自分自身のことを分かっているのだなと、感心したのでした。
(2014年9月1日 第132号)

 

横浜の法律問題に関するご相談は横浜パートナー法律事務所へ 0120-0572-05 365日24時間受付 横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 8F 無料メール相談はこちら

事務所概要

弁護士紹介

依頼者の声

弁護士費用

取扱分野

アクセス

お問い合わせ

 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

企業の常識弁護士の非常識
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

Kindleストアはこちら